防災速報に災害タイムラインが追加されました

「防災速報」アプリ(以前の日記)に、アップデートの通知が届いていました。何でも、災害タイムラインというツイッターでの日本各地での災害に関するツイートを集めた機能だとか。というわけで、早速さらっと説明を読んだ後、アップデート。
タイムライン1
しかし…。アプリが落ちる。そういえば、さっき読んだアプリに起動してダメなら再インストールしてくれとか書いてあったよな。一応、いったんアプリ終了させて再起動してみたよ。…やっぱり落ちる。しょうがないから、再インストールだな。しかし、私の場合はアプリ間違って削除したらやだから(子供にもiPhoneいじらせてるし)、機能制限かけてるんだよなあ…。しかも、機能制限にパスコードかけてるし。
そして、面倒だけど、設定-一般-機能制限-パスコードの入力-Appの削除をオン、そしてアプリを削除してから再度インストール。そして忘れずにさっきの行程を元に戻すべく、設定-一般-機能制限-パスコードの入力-Appの削除をオフにして、防災速報を起動。そうしたら、対象地域を入れろとポップアップが。そうか、一度削除したから消えちゃったのね。地方と都道府県と市と町と…、と順次入れていって、やっと準備完了。
…あれ、何か通知が来てる。読んで見たら、
タイムライン2
起動が上手くいってから、初めて読める注意喚起。うん、古典的なギャグだな!…まあいいとして、お目当ての災害タイムラインを見てみました。今日は全国と地元で、双方とも竜巻に警戒要とか。これを見て、これはなかなか使える機能だなー、と確信したのでした。
というのも、5月の茨城県での竜巻のとき、一番有力な情報を発信してたのは、ツイッターだったのです。その日はヒマだったので、ツイッターとテレビとネットで情報を確認してたけど、テレビはほぼ放送してないのにツイッター上は大騒ぎ!手の平の大きさの雹(ひょう)の写真とか、拡散されてました。確か、たまたま日曜日だったからテレビではワイドショー枠もないし、とは思ったけど日中はほぼ情報が皆無。夕方になってようやくニュースで取り上げられるとかいう状態だったかな。(でもニコニコ生中継の方が、内容が充実してた)
動画も、ネットで拾ったのが最初でした。竜巻の通過動画。これは、ユーチューブ上で公開された後、マスコミのコメで使わせてくれとか依頼が来たのをみかけて、数日経ってから報道で使われたりしてました。完璧に負けてるなー。テレビ報道。しかし昨今は、こういうアプリとかで積極的に情報を拾った方が、身の安全のためになるんじゃないのかなー、と思います。
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする