#32:難しいポーズは3Dモデルに頼るようになった

頭の中ではイメージできるポーズも、いざ描くとなると体のパーツの位置関係がわからなくなることがしばしば。

そこで今回はクリップスタジオ(お絵描きソフト)に付属の3Dモデルで、ポーズを写させてもらうことにしました。人体の3Dモデルがとるポーズが、かなり充実しているのです。

おかげで、女性教師が膝を曲げて下を覗き込む、というポーズがすんなり描けたのでした。ありがたいことです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする