スポンサーリンク

撮った写真が自動でパソコンに流れる「フォトストリーム」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

iPhoneで撮り溜めた写真を、パソコンに取り込みたい。そんな時、簡単にできる方法があるのです。それは、iPhoneのデフォルト機能フォトストリームを使うのです。(正確には、iOSのバージョン5以上の機能、かな)但し、Wi-Fiで無線接続しているときのみ動作するようです。




5円プリントでおなじみの【ネットプリントジャパン】50枚以上のご注文で送料無料!



これは、iPhone側とパソコン側の両方でiCloudの設定をしていく必要があって、iPhoneの方は
「設定-iCloud-フォトストリーム」をONにする。
他は…、私は見事にオフにしてしまっている。使ってないのです。なんだか、使っているパソコンがMacだと機能をフルに使うことができるけど、Windowsだとけっこう限定されているとか何とか、よくわからないし他のアプリでも代替できるので。最初、他の機能も簡単に使えるのかな?とあれこれ試して上手くいかなかったので、iPhoneのau版とSoftBank版で何か違いがあるのか…と悩んでしまった。しかしキャリアの違いではなくて、パソコンの違いの問題であるようでした。
パソコンの方は、まずiCloudをダウンロードすることが必要。Windowsでも、ちゃんとWindows版があるので大丈夫。公式ホームページからWindows版を選んでダウンロードします。写真の保存先フォルダは、私の場合はわかりやすく、Picturesの配下にしました。(WindowsはVista使ってます。若干、使いにくいです…)そして…、パソコンのiCloudのパネルでも、フォトストリームの項目にチェックを入れて、ONにします。
公式ホームページはこちら
フォルダは、Picturesの下に
Photo Stream

 -My Photo Strem

 -Uploads
と出来ています。そして、これ以降iPhoneで写真を撮ると。iPhoneのデフォルトの「写真」を開けると「カメラロール」の他に「フォトストリーム」が出来ていて、こっちにも撮ったのと同じ写真がコピーされてる。そして、パソコンにも、自分は何にも操作していないのに、Wi-Fi経由で先ほどの「My Photo Strem」に写真がコピーされている。これは便利。いちいち、USBケーブルをつなげて経由させてとかやらなくても、もう送られてきているので、後はパソコン上で整理してiPhone側はこまめに削除していけばいいのです。
こまめにやらないと、あっという間にiPhoneが満杯になってしまうので、気をつけないといけないです。なんせ、美しく撮れている高画質の写真、ということは「容量をいっぱい食う」ということでもあったのでした。ちなみに、iCloudというだけあって、これもクラウドなので5GBはそのサービスで保管できるのですが。溜め込んだら要らないのはこまめに削除できるのか…。がよくわからないので、これも未使用のまま。一直線に、iPhoneからパソコンに流すだけ、という使い方をしています。
そして、「Uploads」の方はというと。ここにパソコンで写真やイラストなど貼ると、逆にパソコンからiPhoneに流れて「フォトストリーム」に格納されるのです。これの何が便利かというと、パソコン上でお気に入りの壁紙を見つけてきて、iPhoneに送って、それをiPhoneの壁紙に使えるということ。壁紙に凝ろうと思ったら、いくらでもできる。
ただ、ちょっと惜しいのが、写真は流せるけど動画は流せないのだよね。もしかしたら、iOSのバージョンが上がったら対応してくれるかもしれないので、ここは様子見しています。
追記:と書いたそばから、DropBoxが写真と動画を自動アップデートしてくれる機能を追加してくれた、という神アップデートがおととい配布されてたことに気付いたので、動揺しています…。さて、どう使い分けようかな?


☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ



スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大