#9:下書き用のレイヤーを分けてみた

画力を上げるのに、何かいい方法はないかと思いまして。思い当たるところといえば、まず下書きをろくに描かずにぶっつけ本番でやっているのが悪いのではないかと。というわけで今回からしっかり、クリスタでお絵描き時に下書き用のレイヤーも分けて描くようにしてみたのでした。

そして下書きは、青色でデッサン鉛筆を使うと判別しやすい、柔らかなタッチで描きやすい。ということも実感したわけなのですが。でも、仕上がった絵を見ると今までと出来栄えはそう違わなかったという。なんか残念。

今回のオタク要素

地面から出てくる手のお化けの群れ。これは、ムーミンのニョロニョロのイメージなんだろうなと。

あと、青鬼の足が末広がりで、ずんぐりむっくりのシルエットなのは何かみたことがあるな、と。よくよく思い起こしてみたら、服装が原始人っぽいので原始人ネタのアニメからきていたようで。それは「わんぱく大昔クムクム」だったよ。

クムクムのキャラデザは、ファーストガンダムの安彦良和さんですよ。うわ、すごい古いこと思い出したなあ。我ながらびっくり。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする