動きが不安定、アプリが落ちるとき「iMemoryGraph」

いろいろなアプリを使っていると、段々動作が遅くなったり不安定になったり、いきなりアプリが落ちたりすることがあります。それは、裏で稼働中のアプリが増えて使用メモリが増大してしまったためなのですが、いちいち一個一個を手動で終了させるのも面倒。そういうときに、タスクキラー(メモリ解放)のアプリを使ったりしています。
今まで使っていたのは、正確なアプリ名は失念しましたがアプリのアイコンが「kill」の絵になっていて下に「PKiller」と表示されていました。使用頻度は高いのに、アイコンの絵柄が物騒で目につくところに置いておくのは、ちょっとためらう。しかも、一応書いてみようかと思ったら、AppStoreから消えていました。何でかな?一個一個アプリのメモリを解放していって、たま~にメールや通話のデフォルトアプリまで落として最後は自分まで落として一瞬ブラックアウト。とか、挙動は可愛いアプリだったんですけど。その辺が問題でリジェクトされたんだろうか。
他に、いわゆるタスクキラーと呼ばれるアプリは何だろう、と探したら「iMemoryGraph」がありました。そういえば、このアプリを使っているiPhoneユーザーは、たまに某SNSで見かけていました。割とメジャーなんだろうか。但し、これは無料とは紹介されてありますが、肝心要のタスクキラー機能を使うには、アプリ内で課金して買わなければならないのです。試しにダウンロードしてみた今日の時点では、85円でした。




iMemoryGraph1
無料の時点では、確かにタスクキラーの雷マークのボタンが無いので、
iMemoryGraph2
設定で追加購入。いや、「広告削除」って、別に広告は気にならなかったんだけどね…
iMemoryGraph3
買ってみると、雷マークのボタンが出てきました。
押してみると、あっさり起動中アプリを終了させてくれました。早いです。PKillerと比べると、申し訳ないけど雲泥の差でした。しかもアイコンがかなりカッコいいです。毎日使う機能となると、やっぱりアイコンの見栄えにはこだわりたくなるので、これは目につくところに常駐させておこうと思います。
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ




iMemoryGraph – Junichiro Komizo


詳細:
メモリの使用状況をグラフ表示するアプリケーションです。
【機能】
– 過去40件のメモリ使用状況をグラフ表示
– デバイス情報の表示
(ディスク情報、バッテリーレベル、IPアドレスなど)
– 起動プロセス一覧を表示
【アドオン機能】
– メモリ解放
※メモリ警告表示について
開放不可能な領域が増えて開放効果が少なくなっている
場合に、本体の再起動を促す警告を表示する機能です。
※アドオンの復元について
機種変更やOSアップデートなどでアドオンが無効になった場合、設定画面で購入/アドオン復元を行うことで、再度無料で利用することが可能です。