早くて大容量のクラウドサービス「DropBox」

家にあるパソコンは容量が限られているし、外出先にデータ内容は持ち歩けないし。その歯がゆさを解消してくれるのが、巷に何種類かあるクラウドサービス。(オンラインストレージとも言うらしい)



できるポケット+ Dropbox 紙書籍 998円 電子書籍 600円

テキストファイルやらPDFファイルやら写真やら動画やら、EXCELファイルだって放り込んでおけば、iPhone上で閲覧できる。どうしてこういう便利なサービスが流行っているのか?というと、無料アカウントでとりあえず少ない容量で使い始めたら、凝ってきてもっと追加の容量を使いたい、という人が月額やら年額やらの有料アカウントに進むので、発展していっているらしい。気軽に始めてみるには、無料アカウントで充分。
そして、どのクラウドを使おうか?と思って、とりあえずよく聞く「DropBox」をパソコンにダウンロードしてみました。公式ホームページからダウンロードして、PCメール、例えばグーグルのGメールのアカウントとパスワードやらで登録すればパソコン側は準備完了。
公式ホームページのアドレスはこちら→ https://www.dropbox.com
iPhone側も、同じアプリ「DropBox」(無料)をダウンロードして、同じアカウントを設定しておいてこれで準備完了。そうしたら…、何がいいかというと、とにかく同期が早いこと。うちはWi-Fiのルータがあるので、Wi-Fiで無線接続していますが、iPhone側でテキストデータやら追加するとすかさずパソコン側が反応して、ポップアップで「何を更新したよ!何を追加したよ!」と知らせてくれる律儀さ。使っていて、気持ちがいいです。



iPhoneアプリでも、データの追加先にしたりバックアップをとったり、という時にDropBoxに連動するアプリは多いので、これは入れておいた方が便利です。そういえば、別にパソコン環境が無くても、iPhone単体でもDropBoxのアカウントは取れるはずでした。なんせ、実体は業者の持つサーバ上のクラウドにあるのですから。どこやら知れぬ雲の中、で利用者は場所は意識せずに使える、というのが利点なのです。
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ




Dropbox – Dropbox

DropBoxと連携できるメモ帳 >Nebulous
DropBoxと連携できるスキャナー >CamScanner+