Googleカレンダーでスケジュール管理

スケジュール管理を私は以前は専ら、手帳でやっていました。システム手帳、というほどではないですがバーチカルタイプの一週間リフィルなどを買ってきて、組み合わせて使う。今もパソコンやiPhoneと並行して使っているのですが、紙の手帳だとどうしても表現が限られるし、変更したり繰り返し項目を書く、ということは簡単にやるのはちょっと不可能。



できるポケット Google 1,260円

それがiPhoneを買ってから調べてみたら、パソコンと連動させるとかなり細かい設定も、割と楽々できるらしい、と気付いて最近はちょっと奮闘中。何がいいかって、変更したい時は変えたい場所を直して更新するだけ。繰り返し項目も、一回書いて繰り返しの法則を決めて設定に入れてしまえば、自動で指定に合わせた繰り返し分を日付の先々まで入れていってくれること。紙だと、直しは消すと見づらくなるし、繰り返しは当然毎回手でその分記入。なのでかなり大変。
そして、パソコンで入れておいた内容が、iPhone側アプリでも同じアカウントを入れておけば、同じものが見ることができる。見るだけでなくて、iPhone上で直したり、追加したりすると、パソコン側でも反応して、同じ内容に揃えてくれる。これは便利。外出先でちょっとスケジュール確認、という時に最新のものを見ることが出来ますし、入力は主に家のパソコンで慣れたキーボードとマウスを使って、ガンガン入れていけばいいのです。
正確に言うと、パソコン上にスケジュールのデータを保存しているわけではなくて、ネット上のクラウドサービスを使うのです。そこのサービスに登録が必要ですが、よほど機能を凝って使うとかでなければ無料アカウントの範囲で充分使える。クラウド側でデータを保管しているので、パソコンの容量を食うということもありません
そうして、私が辿り着いて使っているのが、まああまりにもメジャーですがグーグルです。グーグルのアカウントをとって、メールは昨今は情報流出が怖いだの騒がれているので、アカウント取得用に最低限にしか使っていませんが、カレンダーは使わせてもらっています。仕事用には、使わない方がいいのでは、という風潮が出てきているようですが、プライベートで使う分にはあまり問題はないでしょう。
アカウントの取得はこちらから->Googleアカウント
自分のスケジュールだけではなくて、旦那や子供の分もマイカレンダーに項目作ってあります。結構、みんなスケジュールがバラバラなのでいつのタイミングで全員揃うか?というのを見比べるのに便利。あと、複数日にまたがるイベント用。映画の前売券の販売期間とか、催し物の展示期間とか。TODOリストも入れてます。これには、クーポン券の使用期限とか、年間パスポートの使用期限とか。忘れがちな日付をちょこちょこ入れてます。
・スケジュールは「SnapCal」で >SnapCal
・TODOリストは「GoTasks」で >GoTasks
探せば対応するiPhoneアプリは他にもあるようですが、専らこれを使っています。
そして、iPhoneアプリで閲覧したり、更新したり。いやはや、ちょっと前までこんなことできるなんて気がつかず。隔世の感があります。クラウドサービス様々です。
<関連記事>
・繰り返し項目の入れ方、など->子供の夏休み勉強スケジュールをたててみた
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする