パワーサポートのエアージャケット【iPhone5】用は果たしてiPhone5sにもフィットするのかやってみた

話は9月にさかのぼりますが、近々iPhone5sが発表されるらしいとの噂を聞きつけて即、iPhone5用のパワーサポート製エアージャケット「クリア」と画面保護フィルムのセットを購入しておきました。
そのときの記事ー>iPhone5s用にケースを先行購入。楽天スーパーセール開催
(iPhone5s用がすぐに発売されるか不明だし、発売したとしてもすぐに売り切れるのを見越して買っておいたのです。)


その後iPhone5sを購入したものの、時間があるときに落ち着いて装着しよう。とパワサポは保留にして、とりあえずセリア(100円ショップ)のケースとフィルムをつけてしばらく使用。
しかしそれで一応落ち着いてしまい、パワサポの方は手付かずのまま日にちが経っている状態になっていました。
100円で!ケースはこのフィット感に丈夫さ。フィルムも綺麗。

エアジャケ_1

でも段々、ケースに細かい傷がついてきました。
保護フィルムに至っては、実はホコリと気泡が入りまくりの指紋ベタベタの状態で我慢して使っていました。
というのも、フィルムを貼ろうとお風呂場に行こうとしたところを息子に見つかり、
「何やるの?」「iPhone5sに100円ショップの保護フィルムを貼るんだよ。お風呂場が家の中で一番ホコリが少ないから、作業するにはちょうどいいの」
「俺が!俺が貼りたい!!
と言い張りまして、まあ100円だから失敗しても痛くはないかなー。とやらせてみたら案の定。
「あれ?ずれた。やり直し」
と何度も剥がして貼っては、裏面のノリついた部分をペタペタと触る。といった状態で、あまりの酷さに「プププw」と笑うしかなかったのでした。
今日は時間もとれたし、見つからないうちにパワサポのアンチグレアフィルムを貼ろう、とお風呂場へ。(別に裸になってはいない)
※2枚セットで「AFP(アンチフィンガープロテクション)クリスタル」「アンチグレア」が入っていました。今回はアンチグレアの方が好みなのでそっちにしました。
貼る作業はというと、なんとまあやり易い。フィルムの真ん中を剥がして位置決めが出来るし、気泡が入りにくいという仕様なので不器用な私でも失敗が無かった。
そして手触り。サラッサラなのに指がスムーズにすべる。光が反射しないし指紋がつかない。快適!
次にiPhone5sゴールドが映える、クリアケースを装着。
モノはiPhone5のときのだけど、果たして…?

エアジャケ_2

一番心配していた、iPhone5とiPhone5sで形状が異なるカメラのフラッシュ部分です。iPhone5sの方が縦長に変更されていたのですが、余裕でセーフ。

エアジャケ_3

音量のボタンはもちろん問題なし。

エアジャケ_4

電源オンオフのボタンは、少し沈み込んだような形状だけど大丈夫。

エアジャケ_5

イヤフォンの差し込み口と、充電用のライトニングケーブルの差し込み口も位置はピッタリ。スピーカーとマイクも位置ピッタリで細かく穴が開いています。
そして、持った感じが100円ショップのよりも薄くて軽い。手触りがスルスルのサラサラで高級感あり。傷がついても、細かい傷くらいなら自己修復機能があるので(セルフリペアコート採用)なので安心。
100円ショップのは、やはり持った感じ「プラスチックだなあ」しかしコスパ的には最強。
パワーサポート製のは「金をかけただけのことはある。そしてこのシンプルさと機能性の高さ。さすがは日本製!」
Apple社製品の高級感と「メイド・イン・ジャパン」ケース&フィルムの安心感のコラボ、といった感じで、なかなかの満足度となったのでした。大成功です!
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする