auの4G LTE(800MHzプラチナバンド)をiPhone5sで使ってみたら爆速すぎワロタww 別世界に来たみたい

iPhone5sを入手して2〜3日使ってみての感想はいろいろあります。
まず驚いたのが、自宅Wi-Fiで使ってみてWebページを開くときの速度が、iPhone4sの時と体感で3倍は違うこと。
Safariでいつも見るページがiPhone4sだとゆっくりロードしていたのが、iPhone5sだとサッと開きます
ブロードバンド回線は同じはずなので、これはCPUの性能が上がったことによるものか?
(iPhone4sはA5チップ、iPhone5sはA7チップ)
iPhone4sの次のiPhone5(1年後)を見送ってから、iPhopne5s(2年後)へ移行したため余計に処理性能の向上を感じるのかもしれませんが、このサクサク感は嬉しいです。
試しに通信回線の速度はどんなものか?と、LTEに切り替えてページ閲覧してみると、体感速度は同じく3倍早くなっていました。
充分速いけど、こんなものなのかな?と油断しつつ、そういえばアプリのダウンロードとかどんなものだろう。これだと回線速度の差は如実に出るものな!
そう思ってやってみたら、iPhone4sで3G回線使用時は平均して5分くらい、の〜んびりと読み込みしてインストールしてとやっていたのが、iPhone5sだと平均して体感速度で30秒位でダウンロード待ち処理の円環がクルッと回って完了。
ふ…ふおおお?(心の叫び)
な、なんだこの爆速感は?
5分だったのが30秒だと、10倍速とかになるんですが。
数値で見比べれば一目瞭然か、と思い出して以前撮っておいたスクリーンショットと見比べてみることにしました。
アプリはこれを使用しました。




・iPhone4s(3G回線)を屋内で使用時

speedtest_01.jpg

ダウンロード平均171Kbits/s、最大220Kbits/s
アップロード平均108Kbits/s、最大116Kbits/s
レイテンシ151ms
・iPhone5s(LTE回線 800MHz)を屋内で使用時

speedtest_02.jpg

ダウンロード平均16,791Kbits/s、最大16,864Kbits/s
アップロード平均338Kbits/s、最大361Kbits/s
レイテンシ40ms
( ゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
(;゚д゚)
(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゚ Д゚)
下り速度が100倍になっている!レイテンシ(遅延時間)も三分の一とか。
今まで充分3Gでも満足できていたのですが、このLTEを経験してしまうともう別世界へ来たというか理想郷にかなり近いというか。
これはまだ4G LTE 800MHzプラチナバンドの住人が少ないうちの現象で、だんだんと人が増えてきて帯域が圧迫されてくるとそうでもなくなってくるかも…。間違いなくオススメではあるけれど、検討中の人は加入しないで下さい(←ズルい)
冗談はさておき、これでこれから2年は戦える。そういう凄い武器を手に入れてしまった心持ちであります。
(*´∀`)b゚
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする