来年の手帳はアプリと連携するものにしてみました「Refill Stocker」

皆さんはもう、来年の手帳は購入しましたか?
私はスマホを使っているものの紙の手帳も捨てがたく、iPhoneと併用してシステム手帳にリフィルを入れて使っています。
なんせ、とっさにメモをとる時は、紙の方がまだまだ感覚的に使い易い、というのがあって。
(iPhoneの方はスケジュールを家族で共有するスケジュールアプリとか、じっくりをとって構想を練るノートみたいなメモアプリとかいう使い方をして、使い分けています)
あれこれ手帳を見ているうちに、来年度はこれを使ってみようかな?という面白そうなのが見つかりました。
流行りのスマホアプリと連携が取れる、というタイプのものです。




2014年版 バイブルサイズ ダ・ヴィンチ 週間1 システム手帳リフィル DR1411
週間は今までバーチカルタイプ(曜日ごとに時間別に書ける)のが好きだったんですが、仕事が土日勤務が増えてきたのでイマイチ合わなくなってきました。土日の欄が小さいですからね…。次はこの土日の大きさが同じタイプで。



2014年版 バイブルサイズ ダ・ヴィンチ 月間4 システム手帳リフィル DR1421
月間は日曜始まりのもの。壁掛けカレンダーが日曜始まりを使っているので、揃えないと書き写しにくいので。
対応アプリは、これです。



【主な特徴】
リフィルをiPhoneカメラで撮影し、自動切り出し、補正して保存できます
対応の日付入りリフィルなら、リフィル情報を読み取って適切に自動分類します
種類、日付で分類整理されたリフィルを、カンタン操作で閲覧、拡大表示できます
多彩な「検索/移動」機能で目的のリフィルに素早くアクセスできます
その他機能いろいろ。使いこなせるかな?いつも使い終わったら捨てちゃうリフィルも、もしかしたら貴重な思いつきを書き込んだ「宝の山」かもしれないので、試しにデータ整理してみるといいかも。
来年度といいつつ、今年の12月からが入っているセットなので、さっそく来月から頑張ってみようと思います!
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする