スポンサーリンク

【悲報】Apple Musicなどの加入者が日本では少ないことが判明。音楽をBGMにするにはネットラジオの録音がコスパ最強だし、こんなメリットもあると発見。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

数日前のITニュースで話題になっていたのが、今年に入って続々と開始された音楽ストリーミングサービスの話題です。

LINEミュージックやAWA、Apple MugicにGoogle Play Musicなど話題性に事欠きませんでしたが、これらが日本では、合わせてスマホ使用者の7%くらいしか加入していなかったとのことで、海外と比べても低い水準だったそうです。

確かに周囲を見ていても、お試しで使ってみてもそのまま継続して使うと決めた、と宣言している人があまり居なかったので、実感としてもそれくらいかな、という感じです。

私も迷ったけれど、他にバンダイチャンネル(アニメの動画ストリーミングサービス)で月額課金しているので、これ以上課金を増やしてもと思い解除しました。後でまた再加入することもできますし。

そしてどちらかというとこちらの方が、音楽をBGMにするのには色々と便利だなと思うのが、定番のネットラジオ。
中でも、お気に入りの音楽ネットラジオ放送を録音する機能があるアプリを使うのが、コスパ的にも最強なのじゃないかと思うのです。



※録音機能は有料版のみ

有料アプリはもちろん買い切り型なので、一度購入すれば以降は費用はかかりません。
このアプリ一つで、世界中のネットラジオを網羅しています。というか、ラジオ局のURLが分かれば直接入力もできるので、検索がしやすい。iPadでも同じアプリが使えます。

このアプリの録音機能で、お気に入りのボサノヴァやイージーリスニングの専門局をiPadで流しっぱなしにしつつ、一時間半から二時間など小分けに録音したものを、いくつも作っておきました。

ここからが私の体験談なのですが、実は先日まで手術入院していまして、そこでの入院生活でこの録音した音楽集が大いに役立ったのです。

病室にはWi-Fi環境が無いので、まさかストリーミングラジオをLTEで聴くわけにもいかず。(あっという間に通信量が最大になってしまいます。そして通信しっぱなしだとiPhoneが熱くなったりする。)なので、オフラインで聴けることがとっても有用。

他にもこんな利点が。
・個室ではなく多床室なので、周りの雑音が気になるときにリラックスできる。
・逆に静かすぎるときには、寂しさをまぎらわすことができる。
・イヤホンで音楽を聴きつつ、iPadにダウンロードしておいた電子書籍のマンガを読むと、楽しく暇がつぶれる。(特に昼間は面白いTV番組がなかったりする)
・眠るときにイヤホンで聴いていると、眠ったときに録音分が終わると自然に音楽も途切れてくれる。

つまりは、外出時に気軽に着実にお気に入り音楽が流せる、無料の音楽クリップ集が作れるということなのです。
一度使い始めたら、その便利さに嬉しくなったりします。


クリックで応援お願いします
\(^¬^)ノ☆励みになります☆


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大