LINEがiOS7に対応し、ビデオ通話が可能に。FaceTimeが音声のみ対応し機能が似通ってきました

LINEがようやくiOS7対応のアップデートを配布。(バグ解消されました!良かったね)


LINE_iOS7.jpg

それと同時に、大幅なに機能追加があります。なんと、「ビデオ通話」が出来るようになったと。
詳細記事ー>LINE、アップデートで新機能「ビデオ通話」と「スナップムービー」ができるようになりました!
ここで気付いたのが、iOS7では従来のFaceTimeに「FaceTimeオーディオ」という音声のみ通話の機能が追加された、ということ。
つまり、
LINE…元は「音声通話のみ」→iOS7で「ビデオ通話」が追加に。
FaceTime…元は「ビデオ通話のみ」→iOS7で「音声通話」が追加に。
ここにきて、機能がそっくりになってきたのです!
どちらも、「ビデオ通話」も「音声通話」も出来るようになったのですから。
テキスト形式のチャットも、LINEはもちろん出来ますしiOSの機能としては「iMessage」がチャット形式ですし(スタンプこそありませんが)。
細かい違いは、
LINEはアプリがダウンロードできる機種ならAndroidスマホとの間でも無料通話できる。
(パソコン版もあり)
FaceTimeはApple製品同士なら無料通話できる。

FaceTime対応機種

(上記の表+「iMac(ブロードバンド回線、Wi-Fi)」や「iPodTouch(Wi-Fi、テザリング)」もOK)
詳細は引用元を参照ー>[iPhone/iPad]「FaceTime」とはどのような機能ですか?
ぶっちゃけ、iPhone同士だったらキャリアの違いは関係なくLINEでもFaceTimeのどちらでも3G回線やLTEやWi-Fi配下かの状況を問わずに無料通話が出来てしまうという状態に。
その気になれば、パケットのデータ通信さえ定額のに加入してあれば、会話し放題でも安上がりですものね。
キャリアにしてみたら頭の痛いところだろうけど、ユーザーにとっては「いい時代になったものだ…」と妙に感慨深くなってしまうところであります。
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする