スポンサーリンク

劇場版「ドラゴンボールZ 神と神」が最高に面白かった件【ネタバレ注意】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

昨日映画ドラゴンボールZを公開初日に見てきたんですが、これがもう面白かった!ので、今回は感想など書いてみようかと思います。
見る前は、昔のドラゴンボールZの映画といえば
・悟飯が「ピッコロさぁ〜ん!」と、なついている所に強敵が急襲→激しいバトルの末、撃退。という作品の繰り返し
・最後の方はネタ切れで、悟空が子供の頃のエピソードに戻った
という記憶があって、子供向けのお祭り映画で(東映まんが祭りって、同時上映いっぱいあったよね)時間は短くて画質はイマイチだったような。それでも「伝説の超サイヤ人」ブロリーが出てきた話は迫力があり、今回の17年ぶりの映画はそれにどこまで肉迫できるかが見所だな。そんな軽い気持ちで映画館に行ったのですが。
これがまた。ブロリーのとは違った意味での面白さがあったんです。


予告編動画


「神と神」といサブタイトル通り、戦う相手は神様です。それも「破壊の神」で簡単に太陽系をも消滅させる力を持つ恐ろしい存在。しかし敵ではない。なぜなら、世界には創造もあれば一方で破壊もある。それがバランスを保っているから世界は成り立っているのであり、この世の理を担っている存在であるから逆らいようがないのです。
そんな破壊神、ビルスが「スーパーサイヤ人ゴッド」なる者が自分のライバルとなる、そんな予知夢を見て戦ってみたいと思うところから物語は始まります。
ビルスの挙動がいちいち可愛いのよね。見た目通り、ネコの動きをしたりしてどこか憎めない。多分、モデルはスフィンクスっていう種類の猫なのじゃないだろうか。スフィンクスをアヌビス神っぽくしたようなデザインです。(※正解は、コーニッシュレックスと猫の神バステト)秀逸ですよね…。さすが、鳥山明は天才だ…。というより「神」です、マンガ界の生き神さま。
そして、声優界の生き神さまが野沢雅子さん。ドラゴンボールGTが終わってからの時間の経過など感じさせない、張りのある声で悟空を演じられていましたよ!(あ、改もあったか)そして、悟飯と悟天の演じ分けも完璧でありました。凄いよね、この人。
ビルスが「スーパーサイヤ人ゴッド」の所在を尋ねるべく、界王様のもとへとやってきます。何やらビビりまくる界王様。そこで修行する悟空に「礼儀正しく挨拶しなさい」と促します。まさか「オッス!おら悟空。」とか言わないよな。と思ってるそばから…orz
界王様が深刻になっているのもそのはず、ビルスの機嫌を損ねれば簡単に地球など消滅させられる恐れがある、とのこと。「スーパーサイヤ人ゴッド」の所在は悟空は知りませんでしたので、ビルスは次に地球にいる他のサイヤ人に尋ねに行きます。
折しも、悟飯・悟天・トランクスはブルマの??才の誕生日パーティーに出席しておりました。ベジータは興味なくて別途修行中。
ブルマが何歳かはここでは伏せます。知りたい人は劇場へGO!(えっ?そんな理由で?w)
そこへ現れるビルスと従者ウイス。快くパーティーに混ぜてもらって料理を堪能しています。一方、界王様からの連絡を受けたベジータは事態の深刻さに、急いでパーティ会場へと赴きます。断じて、破壊神ビルスのご機嫌を損じてはならない!のです。
ここからが…。今回の映画のベジータ様の破格の扱いが開始されるw
ベジータの見所・その1:不機嫌になって「地球を消滅させちゃおうかなー」となったビルスを宥めるべく、ステージに立ちビンゴ大会の司会を敢行!歌って踊るベジータは(笑いの)涙無くしては見れない!
ネタバレ画像NAVERまとめ
ここはなんとか保ったものの、結局は魔人ブウがビルスを怒らせてしまいます。地球の破壊を止めるべく戦っては倒されていく面々。パーティをメチャクチャにされ、怒ってビルスに詰め寄るブルマさん。そして、ブルマを殴るビルス。ここでキレるベジータ。
ベジータの見所・その2:「俺のブルマをぉよくもおおぉ…!クソッタレがーーー!!!」(←名セリフ)この瞬間、ビルスに立ち向かうベジータの戦闘力は悟空を超えたそうな。
公式で「俺のブルマ」発言とはw 笑いをこらえきれなかったです。公式で笑い死にしそうになったのは「お料理地獄」以来だよ。これを貼らざるをえない



結局はサイヤ人の誰も知らなかったので、ビンゴ大会の景品「ドラゴンボール7個セット」で神龍(シェンロン)を呼び出して「スーパーサイヤ人ゴッド」について教えてもらいます。
スーパーサイヤ人ゴッドとは。「正しい心を持つサイヤ人5人」が一人のサイヤ人に気を送って一時的に成立させて作るものとかだそうな。一人足りないのですよ。計6人要るのですが、悟空・悟飯・悟天・ベジータ・トランクスの5人しかいなくて…。
ここで感動の場面が。悟飯の奥さん、ビーデルさんからお腹に赤ちゃんが出来ていると告白が。パンちゃんですね。さっそくビーデルさんも輪に加わって、悟空に気を送ります。ここが実に絵になっていたのです。どちらかというとこのパーティ、ブルマさんの誕生日云々よりも、パンちゃんを授かったお祝いのために鳥山明氏がセッティングした、という感じがしましたね。
以降、悟空vsビルスの戦いが凄い!熱い! 昔よりもアニメの技術も向上しているし、透過光で透けるような綺麗な色のデジタル画質の背景を背に、地球上のあらゆる場所での激しいバトルが繰り広げられます。動きが早くて、目で追えないこともしばしば。これは、劇場での大画面で見ないと損です!
そして、BDが出たらじっくりと見たいと思わせるものでした。これのBDが1年後くらいには出るのかな?バカ売れでしょうね。

「神と神」はBGMも熱かった!

試し聴きはパソコンの場合、音量注意。
「ベジータ激怒」の音楽がなかなか良いです
「楽しいビンゴ」の歌が丸々入っとるがなw 短いからな)

地球は楽しいところだよ♪ご飯もおいしい」歌詞がビルス様のご機嫌取りでしかないところがグーw
戦いのさなか、悟空に向かいビルスは問います。なぜ「スーパーサイヤ人ゴッド」になったのか?と。(以下、正確なセリフは忘れましたが)
ベジータの見所・その3:悟空が褒めちぎる→「自力ではスーパーサイヤ人ゴッドに成れなかった。みんなの力を借りなければ、この神の世界にはこれなかった。それが悔しい。」悔しいと思うプライドがあったのですが「しかし、自分よりもっとプライドの高いベジータが、プライドを捨ててみんなを守ろうとした(例のビンゴの場面で)。まったく凄い。尊敬する。だから俺もスーパーサイヤ人ゴッドになろうと思った」、と。
以前、ベジータが悟空を心の中で褒めていて「まったくムカつくぜ…。優しくて強いサイヤ人なんてよ。カカロット、お前がNo.1だ」と賞賛したことがあったのですが、今回の映画でのこの場面は、それへの悟空からの返答かなと感じました。お互いの価値を認め合う、対になってるセリフのような気がしてシビれました。
いやあ、ホントにベジータ好きの人にはたまらない映画だったのではないでしょうか?(私もそうなんです)ひょっとしたら、主役の悟空よりもベジータの扱いがよくないか?
さて、この「神と神」がブロリーの映画と違った面白さだった、というのは何故かというと。絶対悪を倒す、というドラゴンボールのいつもの内容では無いのでカタルシスがないのですよ。見た後の「悪い奴を力で倒して勝ったぞー!」という爽快感が無い不思議な状態。
でも、人が人を思いやる気持ちが集結すれば、それはきっと神の「すべてを壊す」という気まぐれな欲求をはね除ける力を持つこともある、かもね。という優しいメッセージが込められてる感じがして、暖かい気持ちになりました。こういうのも、悪くないです。
エンドロールはコミックス版ドラゴンボールの名場面集。マンガは長期間にわたって、常に強敵と戦い続けて盛り上がり続けていましたね。あの場面も、この場面も印象深い。
惜しむらくは、桃白白(タオパイパイ)が自分で投げた柱に乗って飛んで行くという場面の掛け声「ぴょっ!!!!」を出して笑いをとって欲しかったところ。それがあれば完璧だったのですが。

タオパイパイ

(まぁ〜、そう思ってるのは私だけだろうなw)

iPhoneで読める漫画「ドラゴンボール」全42巻

DRAGON BALL モノクロ版 42

☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大