その5「無料のテキストエディタを入手」ー 無料で作った自作スマホサイトで収入を得られるか?の実験室。

さて、アフィリエイトの紹介する商品を貼り付ける先の、webページの本体であるHTMLファイルはどうやって作るのか?
それは、ごく簡単。ファイル自体は、拡張子が「.html」であるだけのテキストファイルなのでテキストエディタで内容を記述して「(任意の名前).html」で保存するだけ。
パソコンで使うエディタ(無料)も、Windowsなら「サクラエディタ」macなら「mi」と、使いやすいものがあります。
具体的には、どうやって作るのかというと。(miで作ってみました)ごくごく単純な構文ですが、下記の文章(1行目から9行目)を丸々入力。(中身は「こんにちは」を表示する、というのみのものです)
テキストエディタ_1
そして、「sample.html」という名前で、任意のフォルダへファイルとして保存。
テキストエディタ_2
出来上がり。
えっ?うそっ?…と思いきや、ほんとにこれで簡単なwebページが出来ています。
このファイルを、何のアプリで開くかによって見え方が異なってくるだけなんです。「sample.html」を選択しつつWindowsなら右クリック、macなら「command+control」で開くアプリを切り替えます。
テキストエディタ「mi」で開くと…、作成したときと同じ画面が立ち上がりますが。
テキストエディタ_3
ブラウザ「Safari」(Windowsなら「Internet Explorer」)で立ち上げて見てみると。
テキストエディタ_4
「こんにちは」の挨拶成功!
…まあ、知っている人には何てことはない豆知識なんだろうな、とは思いますが。でも、ちょっと凄くないですか?私は、初めてこれを知ったときには感動したですよ。
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする