次期iPhone6s/7の発売日は9月25日、予約開始日は9月11日。デザイン一新で新素材採用、4インチサイズが復活の見込み(買い控えていた人への朗報)

今年の秋に発売されるiPhone6sについて、リーク情報がかなり出揃いネット界隈も賑やかになっています。

特にイギリス誌「DailyMail」によるリークで、次期iPhoneの発売日は9/25の線が濃厚になってきました。
iPhone5sやiPhone6の時も9月下旬の金曜日、という流れでしたのでかなり的確と言えるでしょう。

今年もまた、Apple直営店や各キャリアでの行列が見られそうです。

例年と同じであれば、量販店などでの販売も同日から開始。
そして、オンラインでのネット予約は更に前倒しで、9/11(金)朝8:00となるでしょう。ネットからの手続きだと、品薄となってもスムーズに入手できる筈です。

8d51a241-s

さてここで今までに出た情報についてまとめると、
・名称はiPhone6sと言われているが、iPhone7となる可能性も有り。
・サイズ展開は4インチサイズが復活し、iPhone6s mini/6s/6s Plusの3サイズ展開に。(またはiPhone7 mini/7/7 Plus)
新色のローズピンクが追加。

そして、デザインはかなり進化します。
・パネルが更に薄型化。最も薄い予想だと7.1mmまでは可能。サウンドのスイッチデザインの変更など、すっきりとまとまってきています。これはデザインがRichard Howarth主導に変わったことに依るもの。
:KGI証券のミンチー・クオさんのレポートによれば、素材はApple Watchと同じ7000シリーズアルミニウムになる。従来のアルミニウムより60%も強靭さが増すため曲がりにくくなる。

機能面では、
A9プロセッサ採用、RAMが2GBに増えることで処理が高速化される。
威圧タッチで画面長押しで出来るジェスチャーが加わる。
・バッテリーの持続時間が延長。

開発者のHamza Sood氏の情報によれば、前面カメラの機能が大幅に向上。但しこれは、今秋の次期iPhoneではなく来年(2016年)のiPhoneまで待つ可能性が高いとも言われています。

・動画のサポートが現行の720pから1080pへと進化。
デュアルレンズ・カメラ採用で奥行きや明るさ、色彩の表現が鮮やかになる。
・1,600万〜2,000万画素での撮影、パノラマ撮影や240pfsのスローモーション撮影も可能に。

いやこれは欲しいです!

<追記>
4インチサイズは半年後に持ち越し。しかし残念な結果に。
 → iPhoneSEが大爆死した理由とは?原因は5つ【現時点でのまとめ】

クリックで応援お願いします
\(^¬^)ノ☆励みになります☆

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ iPhoneへ


人気ブログランキングへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする