スポンサーリンク

過充電で携帯の電池が発火する事故とか、怖いですよね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

つい先日ニュースで騒がれていたのですが、「ポータブル充電器で長時間充電してたら発火し、マンション火災が起きた」という事故がありました。ー>ニュース内容
やっぱり、サードパーティ製の充電器だと安全性に不安があるのかなあと思っていたときに、別事象ですがたまたま2ちゃんまとめでiPhoneの過充電で電池が膨れた。という話題を目にして、電池の扱いって間違えると怖いなあ、と思いました。ー>落雷でiphoneぶっ壊れた
これは、落雷が原因ではなく経年劣化した電池に過充電したところ電池が膨れて、iPhone本体の画面が押し出された。という事象のようですが、参考に出てたYouTubeの実験動画が怖かった。ー>(閲覧注意)リポ発火実験の動画
穏やかに発火するのではなくて、これは爆発じゃないですか…Σ(°д°lll)
普段から、過充電しないようにということと、また電池の寿命を伸ばすように、正しい充電方法を守らないといけないかな。と思い直しました。
iPhoneを使い始めた頃に「充電の儀式というものがあって、月に一度くらいは電池を使い切ってから100%になるまで充電して、電池の中の電子を動かした方がいい。そうすると、電池の寿命が伸びる。」と教わったことがあるので、最低限それはやってたのですが。
うっかりすると、前回いつ頃に儀式やったかな?と忘れたりするので、通知センターに「あれした日」アプリを使って日付を控えたりとか。(今、このアプリはAppStoreに無いようですね…。便利なんですが)
あれした日
しかし、これやってる時に100%になったの気付かなくて後で充電器から外す、とかやってることが割と多かったのでこれじゃマズい。そこで思い出したのが、確か充電終わるとアラームで通知してくれるアプリあったよな。ということ。普段からこれをちゃんと使うようにした方がいいか。




「SYS Activity Manager」のlite版の方です。有料版だとメモリ解放の機能もつくらしいのですが、私の場合はメモリ解放は別アプリを使っているので、今回は無料版を使用ということで。
ちゃんとフル充電しようとすると、理屈がけっこう難しいらしく、Appleの公式の説明を見てみたけど細かいところはよくわからないですが。
とりあえず、使い方。アプリ立ち上げて充電の画面にすると、丁寧な説明が出てきます。
sys1
設定のボタンを押します
sys2
アラーム設定をオンにしておくと、100%充電完了時に音で知らせてくれます。これで過充電の心配はないね!充電器に繋いで充電開始。
sys3
なんでも、100%充電は表示は100%と出ていても満タンになったわけではなくて、そこから緩やかに時間をかけてトリクル充電を行うとフル充電できるそうです。なので、
「電池を使い切って(20%以下にしてから)フル充電する、これを月に一度やると電池の寿命が伸びていいよ」…とのことらしい。(ここまでは、毎回はやらなくていいらしいです。)
確かに延々と終わらないなあ…。
sys4
そういえば、iPhoneだけでなくて、もう1台のiPod touchにも「SYS Activity Manager」入れて気をつけて充電した方がいいかな。そろそろ、子供がiPod touchで動画見て、電池が切れたら入れ替わりにiPhoneで動画を見てiPod touchは充電して…。と自転車操業している生活を反省しないといけないよな…
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
 にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ
・無料版



SYS Activity Manager Lite – メモリ, プロセス, ディスク, バッテリとネットワーク – Appsware


・有料版



SYS Activity Manager – メモリ, プロセス, ディスク, バッテリとネットワーク – Appsware

スポンサーリンク
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大