値段高すぎ iPad mini。どうしてこうなった…

Appleの発表会の内容を朝になって確認したのですが、iPad miniが思ったよりも高い価格で販売されるとのことでちょっとびっくりしています。
Nexus7の後に発売なので、あまり安くできないにしても16GBで日本円で22,800円くらいに落としてくるかな?と予想してたら、それより5,000円以上高い28,800円って…
前々からのリーク情報でスペック的には低いと判明していましたので、これはスペックを落としてでも低価格で販売して、これまでiPadを所有していなかった層にも普及させる戦略かと思い込んでいたのですが。しかしNexus7よりスペック的に低くてしかも高価格という結果に。後だしジャンケンでこれでは、いい印象が持てませんよねえ…
ミニサイズなのは
発表会の内容も、iPhone5の売れ行き好調・iOS6への移行は絶好調など自画自賛で始まり、タブレットはNexusは画面が狭いなどiPad mini側が有利な点だけ挙げていってこき降ろしする、など品位に欠けるというかちょっと変な雰囲気だったです。一体、どうしちゃったんだろう?
そしてこの発表後に、今度はKindleの日本版が思いっきり低価格で発売と発表をぶつけてきて、巷は騒然としています。どうみても、歩が悪いとしか
Wi-Fi版の価格だけの比較だと、
iPad mini(16GB/28,800円 32GB/36,800円 64GB/44,800円)
Nexus 7(16GB/19,800円)32GBも近々発売との噂あり
Kindle Fire HD(16GB/15,800円、32GB/19,800円)他にも数種類有り
ただ、個人的には小さくて薄くて軽いiPad miniは魅力的なのです。iPad2と同等の機能は保証されてますし、電子書籍以外にも幅広い機能が使えるのは確実。これからは、ちょっとでも安く入手できる方法を探してみるしかないのかなあ。悩み始めてます。
☆☆ワンクリックで応援お願いします\(^¬^)ノ 励みになります☆☆
にほんブログ村 携帯ブログ iPhoneへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする